作成日:2016/05/16
上場廃止へと追い込まれた不正事例から学ぶ!中国経済の現状と現地法人からの相談事例



昨今の日本の報道では、「崩壊する中国経済」というような刺激的なタイトルや、中国経済の減速の影響受けた日本本社の倒産件数が増加という記事が見受けられます。

2014年秋から2015年4月にかけておよそ半年で、創業100年を超えるある上場企業が中国子会社の債権貸倒を引き金として、上場廃止へと追い込まれました。

その要因となった不正事例とは何か?公表された事例を見ていくと、当該企業特有の問題ではなく、また中国経済の減速の影響でもなく、多くの中国進出企業に共通する問題に起因することが明らかとなりました。

一方で、日系企業の現状はどうなのか?広州のように最低賃金の引き上げを見合わせる地域が出てきたり、社会保険の料率引き下げ等の施策が最近矢継ぎ早に出たりなど、政府が企業支援に絞っていることは明らかで、逆に経済全体の減速感が現れているともいえます。

本講座では上記の事例解説を中心に、中国経済の現状と現地法人からの相談事例について解説をいたします。さらに、相談が増加している中国事業の撤退の方法(持分譲渡と清算)ポイントについても解説いたします。                  

講師
近藤 充
税理士(日本国)
上海納克名南企業管理咨詢有限公司 副総経理・税理士
税理士法人名南経営 マネージャー

2007年より上海に常駐し、現地法人の会計・税務コンサルティングを実施。机上の空論ではなく、現場経験による現地法人の実務に精通している。2012年からは日本と中国を行き来し、本社と現地法人全体を考えた提案を行っている。
会場
※時間はいずれも13:00〜16:00
東京会場:2016年6月6日(月)
 株式会社名南経営コンサルティング 東京事務所(千代田区内幸町1-1-7 日比谷ビルアネックス2F)
大阪会場:2016年6月7日(火)
 株式会社名南経営コンサルティング 大阪事務所 (大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル8F)
受講料
30,000円(税込 32,400円)/人

※一般のみなさま
下のフォームにてお申込後、セミナー受付メール(控え)を送信します。このメール内で振込口座のご案内をしておりますので、内容をご確認の上、指定の口座にお振込ください。

※中国アジア進出支援ネットワークのみなさま
会員専用サイトでお申込を受け付けておりますので、このフォームでのお申込はご遠慮ください。お申込はこちらから

※MyKomon会計事務所正会員、MyKomon自動更新ホームページ会員、MyKomonトレーニング会員、相続財産シミュレーション会員のみなさま
以下のフォームよりお申込ください。受講料は、毎月の月会費と一緒にお引落させていただきます。

※中国アジア進出支援ネットワークとは?詳細はこちらをご覧ください。
お問合せ
株式会社名南経営コンサルティング ネットワークソリューション事業部
名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋34F TEL:052-589-2789
中国アジア進出支援ネットワーク担当:平野
お申込いただいた方には、後日会場の詳細をメールまたはFAXにてご案内いたします。